Chromeリモートデスクトップで、離れた相手とやり取りしよう

Chromeリモートデスクトップで、離れた相手とやり取りしよう

Chromeリモートデスクトップで、離れた相手とやり取りしよう

これってどうやるの?

まず、これをインストールして…

どうやってインストールするの?

これをダブルクリックして…

何も起きないよ?

それじゃなくて、これ!

パソコンに詳しくない人に教えるとき、こうして、ああしてと言っても、
その通りにやらない、そもそも教えてる言葉の意味が分からない、
こんなイライラを体験したことはありませんか?

また、相手の言っている意味が分からず、何を教えたらいいか分からない、
そんな体験をしたことはありませんか?
同じ場所にいるなら、代わりにできるけど、離れていたらそれも出来ない。
そんな時はChromeリモートデスクトップがオススメです。

Win10にも標準装備されているリモートデスクトップですが、
こちらはHomeエディションだとホスト(操作してもらう側)になれません。
そもそも、操作してもらう側の人はHomeエディションだと思うんですよね。
しかも、設定がわりと面倒ですし…

その点、Chromeリモートデスクトップは誰でも使うことができるし、設定も簡単です。

Chromeリモートデスクトップの使い方

まずは、Chromeリモートデスクトップをインストールします。
当然ですが、操作する側とされる側、両方にインストールする必要があります。

Chromeリモートデスクトップをインストールしよう

Chromeリモートデスクトップのページに行きます。

Chromeリモートデスクトップ

ページ中程の使ってみるをクリックします。

Chromeリモートデスクトップダウンロード

右下のをクリック。

インストーラーのダウンロードが始まります。
ダウンロードが終わると、Chromeリモートデスクトップを
インストールしていいかと聞かれるので、インストール。

これで準備は完了です。
簡単ですね。

Google Chromeをインストールしてない人は…

ChromeリモートデスクトップはGoogle Chromeウェブブラウザで使います。
他のブラウザでもできないことはないですが、特別な理由がない限り、
Google Chromeがいいでしょう。

インストールしていない人はぜひ、インストールしましょう。

Google Chromeのページにアクセス。

GoogleChromeウェブブラウザをダウンロード

Chromeをダウンロードをクリックします。

Google Chromeのインストーラーがダウンロードされるので、
ダブルクリックしてインストールするだけです。

Google Chromeに拡張機能をインストール

Chromeリモートデスクトップの拡張機能

chromeリモートデスクトップをインストールする時に、
画面右下にGoogle Chromeの拡張機能をインストールするかの
ポップアップが表示されます。

これをインストールすると、Google Chromeにアイコンが表示され、
Chromeリモートデスクトップにアクセスしやすくなるので、
特にこだわりがなければ、インストールしましょう。

GoogleChrome拡張機能の確認

インストールをクリックすると、確認画面が出てくるので、
拡張機能を追加をクリックです。

Chromeリモートデスクトップの設定をしよう

ChromeリモートデスクトップPCname

Chromeリモートデスクトップのインストールが終わると、
自動的に設定の画面になります。

インストールしたパソコンの名前を入力します。
接続する相手がわかればいいので何でもいいですが、半角英字がいいと思います。
入力したら次へをクリック。

ChromeリモートデスクトップPINコード

PINとは「Personal Identification Number」の略で、個人識別番号のことです。
厳密に言うと違うのですが、パスワードみたいなものです。
6桁以上の数字を設定しましょう。

設定したら起動をクリック。
これで設定は完了です。

Chromeリモートデスクトップを使ってみよう

それでは実際に使ってみましょう。

インストール後は、そのままChromeリモートデスクトップのページが残っています。
閉じてしまった場合は、次の方法でChromeリモートデスクトップにアクセスします。

・Google Chromeの拡張機能をインストールした場合

Google Chromeの画面右上のアイコンをクリックする。

Chromeリモートデスクトップのアイコン

・Google Chromeの拡張機能をインストールしてない、
 またはGoogle Chrome以外のブラウザで使用する場合

Windowsメニューのプログラム一覧から起動するか、
Chromeリモートデスクトップのページにアクセスする。

Chromeリモートデスクトップの機能切り替え

リモートサポートをクリック。

Chromeリモートデスクトップの機能切り替え選択

サポートを受ける側(操作される側)

サポートを受けるのコードを生成をクリックします。
コードが表示されますので、このコードを操作する側の人に伝えます
コードの有効時間は5分なので、相手と連絡を取ってからにしましょう。

相手がコードを入力してアクセスしてきたら、共有を許可するをクリック。
これで、完了です。

サポートを提供する側(操作する側)

操作される側の人から教えてもらったコードを入力し、接続をクリックするだけです。
これで、相手のパソコンを操作することができるようになります。

終わるときは、共有を終わるをクリックするだけです。

セキュリティ的にどうなの?

これだけ簡単にリモートデスクトップができてしまうので、
セキュリティは大丈夫なのか気になってしまうでしょうが、
その辺りは心配する必要はないと思います。

その理由は以下の通りです。

・PINコードを入力しなければならない

PINコードはその性質上、ネット上に流出することはありません。
その為、物理的に入手する必要があります。

・生成したコードの有効時間が5分間

操作する側の人に教えるコードの有効時間は5分です。
なので、悪用するためには、あらかじめ相手のPINコードを物理的に入手し、
相手のパソコンからコードを生成し、5分以内にコードを入力して
接続する必要があります。
なかなか難しいですよね。

Chromeリモートデスクトップを使用してみた感想

実際に使用してみると、自分のモニターに相手の画面が表示され、
普通に相手のパソコンを操作できます。
操作が多少重く感じますが、気になるほどではないです。
無料でここまでできるのはすごいんじゃないでしょうか。

設定が簡単なので、操作される側の人に教えるのも楽なのがいいですね。
あ、あと、操作してる行動は相手のパソコンに見えてるので一応注意を😅

まとめ

ほんとに簡単に出来るんだね。

そうだね。

わーい!じゃあ、あと、これとこれもお願い!あ、あとこれも!

少しは自分でやりなさい!

うへぇ~