動画編集ソフトWondershare Filmoraのレビューと基本的な使い方

f:id:sunko-chan:20210726175551p:plain

Wondershare様は動画編集等のクリエイティブなソフトから
データの復元等のユーティリティソフトを扱う会社です。

その中で今回は動画編集ソフトのWondershare Filmoraを体験したいと思います。

ビギナーも、上級者も、オールインワン動画編集ソフトと謳っているだけあって
私のような初心者でも使いやすく、かと言って初心者用にできることが少ない
というわけでもなくプロ級の動画が作れるというすごいソフトです。

Wondershare Filmoraをインストールする

では、さっそくインストールしてみましょう。

※OSはWindows 7/Windows 8.1/Windows 10に対応していますが、64bitのみのようです。
32bitでも使用できるみたいですが、古いバージョンになります。
Macは使ったことがないので詳しいことはわかりませんが、Macでも使えます。

Wondershare Filmoraのページにアクセスします。

Wondershare Filmoraのダウンロード

画面左にある無料ダウンロードをクリック。

インストーラがダウンロードされます。

インストーラを起動後、インストールをクリックしてインストールします。
(インストール先を変更をクリックで、インストール先を変更できます。)

インストールが終わるとチュートリアルが始まるので、簡単な操作方法が学べますよ。

※WindowsのOSが32bitの場合、動作環境のページにある32bit用をダウンロードして
インストールしてください。

Wondershare Filmoraの基本的な使い方

画面左下のタイムラインに素材を追加して動画を作成するのが基本的な操作です。

タイムライン

動画と音声はトラック毎に管理することができて、
画面左上に表示されている+のアイコンをクリックすることで
トラックを追加することができます。

動画トラックは上に行くほどレイヤーが前面になります。

この辺は他の動画編集ソフトと同じ感じですね。

プレビュー画面

画面右上で作成中の動画をプレビューできます。

素材メニュー

画面上部のメニューから追加する素材を選択します。

メディア

オリジナルの動画、画像、音楽を追加するのはここです。

素材メニュー詳細

プロジェクトメディアを選択して、
ファイルをインポートをクリックして使用したいファイルを選択します。

その上に表示されているインポートをクリックすると、
フォルダ単位で追加したり、カメラやスマホから直接追加したりできます。

また、録画/録音からウェブカメラやパソコン画面をキャプチャして
追加することができます。

追加したら一覧に表示されるので、
使用したい素材をタイムラインにドラッグ&ドロップして追加していきます。
(以下、タイムラインに追加する方法は同じです。)

オーディオ

プリセットやダウンロードした音楽や効果音を追加する場合はここです。

タイトル

文字を表示するアニメーションを追加できます。
単に文字を追加したい場合はプレーンテキストを追加します。

トランジション

動画と動画の間を繋ぐエフェクトです。

エフェクト

動画にアニメーションフレームを追加したり、
動画や音楽にフィルターをかけることができます。

エレメント

動画にアニメーションを追加することができます。

分割表示

一画面に複数の動画を分割して一括表示することができます。

Wondershare Filmstockで素材をダウンロード!

Wondershare FilmoraはWondershare Filmstockと連携して、
Wondershare Filmstockで素材をダウンロードして使用素材を追加することができます。

システムメニュー

画面右上にある⇩アイコンをクリックするか、Wodershare Filmstockのページにアクセス。

Wondershare Filmstockで素材を検索

素材を検索します。

Wondershare Filmstockでカテゴリ検索

またはカテゴリを選択して検索することもできます。

単品買い切りか月額プランで使用できる素材が増えますが、
無料で使える素材もありますよ。

無料で使いたい場合はフリーで検索すると楽です。

ダウンロードを選択すると専用ソフトが起動し、素材がダウンロードされ、
自動的にWondershare Filmoraの各素材Filmstock欄に追加されます。

(素材をダウンロードするには無料会員登録が必要です。
ダウンロード時に会員登録を促されますので会員登録してください。)

編集メニュー

タイムラインに追加した素材に対して様々な処理を行なえますが、
各素材の右クリックメニューやタイムライン上でできるので、
使用するのはアンドゥ、リドゥくらいでしょうか。

メインメニュー

動画が完成したら、画面左上、出力からビデオを作成する、
または画面中央にあるエクスポートをクリックして動画ファイルを保存しましょう。

動画を出力

無料体験版だと透かし付きで出力しますと警告が出ます。
透かしを消したい場合は購入から購入しましょう。

無料のままで出力する場合は透かし付きで出力をクリック。

動画の出力設定

出力する動画の設定をします。

出力する動画形式やファイル名、出力先等を設定して右下の出力をクリックすると
動画ファイルが作成されます。

デバイスではスマホやゲーム機用のプリセットが用意されていたり、
YouTubeに直接アップロードしたり、DVD様に作成したりもできますよ。

今回はこんな感じに出来ました!


www.youtube.com

Wondershare Filmoraの気になる機能

基本的な操作を紹介しましたが、個人的に気になった機能も紹介したいと思います。

ARステッカー

顔の動きに反応するステッカー。

…なのですが、リアルな人物の顔にしか反応しないのか、
イラストだと思うようにうまくいかなかったので、サンプル動画で試してみました。


www.youtube.com

このように顔を自動で判別して素材を配置してくれます。
対象動画に素材をドラッグ&ドロップするだけで簡単にできました。

AIポートレート

動画から背景を削除する機能です。
この機能は有料機能で動画出力できなかったので、画像になります。

動画の背景を削除

このように対象動画にドラッグ&ドロップするだけで人物を残して
背景を削除してくれます。
ちょっと残っちゃってますけど…

モーショントラッキング

動画の上に動画や静止画、図形などのグラフィックをアニメーションの様に
追跡させる事が出来る機能です。

わかりやすい例だとモザイク機能ですね。

モーショントラッキング開始

対象動画をダブルクリック、またはプロパティを表示するとビデオの欄に
モーショントラッキングと言うのがあります。

ここにチェックを入れます。

モーショントラッキングする範囲を設定

プレビュー画面にモーショントラッキングをする範囲を指定するボックスが
表示されるので、モーショントラッキングしたい位置、範囲を設定します。

設定が終わったら、追跡開始をクリック。
自動で解析されます。

追従する素材を配置

モーショントラッキングの設定が終わったら、
次はモーショントラッキングに使う素材を選択します。

プリセットのものでも、ローカルファイルからでも選択できます。
新しい動画トラックに使用する素材を配置して、位置やサイズを調整します。

追従する素材を設定

再び対象動画のプロパティを開き、モーショントラッキングのなしをクリックすると
先ほど設置した素材が追加されているので、それを選択します。


www.youtube.com

こんな感じで追跡した範囲を追尾してくれます。
わかりにくいかもしれませんが、この一連の動作が一つの設定でできるんです。
すごいですね。

クロマキー合成

特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する機能です。

青い背景で動画を撮影して別の背景動画を合成するみたいなやつです。

メインの動画の上の動画トラックにクロマキー合成用の動画を配置します。

透過色選択

クロマキー合成用の動画のプロパティを開き、
ビデオ欄のクロマキーにチェック。

必要に応じて透過にする色を変更します。
プリセットのクロマキー合成用の動画は透過色がグリーンなので
色は変更しなくて大丈夫です。


www.youtube.com

こんな感じで2つの動画を簡単に合成できます。

画面分割

複数の動画を一括して表示します。

メニューから画面分割を選択すると、
どんな感じに分割表示するか表示されるのでお好みの分割方法を選択します。

分割表示の動画配置

動画トラックにドラッグ&ドロップすると
プレビュー画面に配置画面が表示されるので、
各箇所に動画をドラッグ&ドロップしていくだけです。

各動画ごとにサイズや位置調整もできます。


www.youtube.com

画面分割は操作自体は簡単ですが、うまく見せるのはちょっと大変ですね…

PIP(ピクチャーインピクチャー)

テレビ番組の様なワイプを作成できます。

重ねて表示したい動画をメインの動画より上の動画トラックに配置します。

動画のオーバーレイ

タイムラインの重ねて表示したい動画を選択し、プレビュー画面をクリックすると
サイズ変更の枠が表示されるのでサイズや位置を調整します。


www.youtube.com

これは一瞬で簡単にできます。
同時配信的なやつとか、舞台裏みたいな感じでやると面白そうですね。

Wondershare Filmoraの有料版と無料体験版との違い

Wondershare Filmoraの有料版と無料版の違いは
動画を出力する時に透かしが入るくらいです。

上の動画でもわかりますが、出力した動画は画面の下部に帯状に透かしが入ります。
あと、動画の最後にWondershare Filmoraと表示されます。

とは言え、無料版でも有料版と同等の機能が使用できるのは嬉しいですね。
有料素材も使えちゃったりします。
(有料素材を使用した場合は動画出力できません。
出力するには該当する有料素材を削除しなければいけません。)

なので、機能を十分に試用した後に購入するか決めることができます。

料金プランは年間プランで税込み6,980円、買い切りプランで税込み8,980円で
Filmstockスタンダード1か月分、AIポートレートアドオン1か月分、
またはその両方を割引価格で追加することができます。

年間プラン+Filmstockスタンダード1か月分のパターンのみ割引なしですが、
片方よりも両方、年間プランよりも買い切りプランの方が割引率が上がります。

なお、1か月目が終了すると自動更新され、
2か月目からはFilmstockスタンダードは月額税込み1,280円、
AIポートレートアドオンは月額税込み699円となります。

Wondershare Filmora購入画面

自動更新を停止したい場合は自動更新停止のお手続き方法から手続きできます。

その他にFilmstock付きのお買い得年間プランがあり、税込み11,780円となります。

詳しくはWondershare Filmora X 料金プランを参照してください。

Wondershare Filmoraを使ってみた感想

動画編集ソフトWondershare Filmora。

いろいろな機能を紹介してきましたが、
どの機能も本当に動画作成初心者の私でもわかるほど簡単にできました!
(もちろん簡単なものだけですし、こだわればもっとすごいものができます!
ごめんなさい、私の技術不足です…)

簡単に出来るし、こんなこともできるのか!と
面白くて夢中になってやってしまいました。

プリセット素材も多いですが、外部ソフトと連携して
素材を増やすことができるのもいいですね。

できることが多すぎて今回紹介できなかった機能もたくさんありますが、
Wondershare Filmoraで動画作成が楽しくなること請け合いです。

公式サイトにチュートリアルヒントもあるのでわからない時もすぐにわかりますし、
動画作成の勉強にもなりますよ!

初心者の人だけでなく、上級者の人にもおすすめのオールインワン動画編集ソフトWondershare Filmoraをぜひ体験してみてください!