アドレスの転送設定の解約のやり方

アドレスの転送設定の解約のやり方

グーグルアドセンスに合格し、サブドメインの追加もしたら
転送設定は必須ではありません。
月額100円(税込み110円)とは言えお金がかかるので
解約したい人もいるかもしれません。
私は解約しちゃいました(笑)

サブドメインの追加の方法は
【グーグルアドセンス】合格したけど何をすればいいの?で紹介しています。

転送設定の解約の仕方

もちろん自分で出来るはずもなく、
やもめのジョナサソ(id:jonathaso)さんの記事を参考にさせていただきました。

www.omakenojinsei.com

www.omakenojinsei.com


解約することのデメリット

転送設定を解約することのデメリットはもちろんあります。
設定中はwww.なしでアクセスしてもサイトは表示されましたが、
解約後はwww.なしでアクセスしてもサイトは表示されなくなります。
当たり前と言えば、当たり前ですね。

ただ、直接アドレスを入力してサイトに訪れる人はほとんどいないでしょうし、
リンクの設定を間違っていなければ問題ないと思います。

転送設定を解約する

まずはドメインNaviにアクセスし、
URL転送設定の入力画面まで行きます。

ドメインNaviメニュー画面

管理メニューのDNSをクリック。

警告画面

クリックすると警告が表示されるので更新画面から移動するをクリック。

DNS設定メニュー

ドメインのDNS関連機能設定にチェックを入れ次へ。
DNS設定/転送設定-ドメイン一覧のページになるので、
対象のサイトのアドレスにチェックを入れ次へ。

転送設定の利用

DNS設定/転送設定-機能一覧のページに移動します。
そのページの下部、転送設定のURL転送を利用するの横にある設定するをクリック。

転送設定の新規追加

今回は一番右にある削除をクリック。
削除していいか確認されますので削除するをクリックします。
最後に閉じるをクリックして完了です。
確認メールが来ますので確認してみましょう。

これで終わりかと思いきや、まだやることがあります。

DNS追加オプションを解約する

転送設定をする時に月額100円の支払い処理がありました。
先ほど削除したのはあくまで転送設定であって、
転送設定を利用する契約はまだ解約されていないのです。
面倒ですね…

今度はDNS設定/転送設定-ドメイン一覧のページにいきます。

DNS設定、転送設定のドメイン一覧ページ

DNS追加オプションの解約、DNSレコード設定削除のお手続きはこちらをクリック。

DNS追加オプションの解約

DNS追加オプションの解約にチェックを入れ、次へ進むをクリックします。

解約サイトと解約日時を入力

解約するドメイン解約日時を指定します。
日時はボックスをクリックするとカレンダーが表示されますのでそこから選択します。

※注意!

月額なんだからギリギリまで使ってやろうと言う気持ちもわかりますが、
月末を指定すると翌月分の請求が来てしまいます。
月末の1日前を指定しましょう。

入力が終わったら確認画面へ進むをクリックします。

DNS追加オプション解約申し込み

最後に申込内容を確認し、間違っていなければ
規約に同意し、上記内容を申し込むをクリックすれば完了です。
申し込み完了メールが来るので確認しましょう。

まとめ

転送設定の時とは違っていろいろと注意点がある解約作業。
よく確認して間違えないようにしましょう。

今のところ広告表示に問題はないですが、今後どうなるかはわかりません。
でも、影響が出るようだったらまた設定すればいいだけですけどね。

転送設定の仕方は
グーグルアドセンスに申請できない!?アドレスの転送設定の仕方
で紹介しています。